佐村河内守 ゴーストライター問題で演奏会中止 富山県文化振興財団がサモンプロモーションを訴える

佐村河内守がゴーストライター問題が原因で、富山県で予定していた演奏会が中止になったとして、富山県文化振興財団が演奏会を企画した大阪市のサモンプロモーションに損害賠償を求める訴えを起こした。

佐村河内守は聴力を失った作曲家として活動していたが、実は作曲家の新垣隆が代わりに曲を作っていた問題、いわゆるゴーストライター問題で一躍有名になった自称作曲家だ。

ゴーストライター問題により、富山県文化振興財団は2014年3月に魚津市の新川文化ホールで行う予定だった「佐村河内守作曲 交響曲第1番HIROSHIMA」の演奏会を中止した。

富山県文化振興財団は演奏会が中止になったのは、演奏会を企画したサモンプロモーションの都合とし、315万円の損害賠償を求める訴えを、富山地方裁判所で起こした。これに対し、サモンプロモーションは請求に応じなかった。

佐村河内守のゴーストライター問題による影響は、富山県にも出ている。

フェイスブックにいいね!

今あなたにぴったりな記事

2014年6月21日
久松郁実がイメージガール!三愛水着楽園 マリエとやまに期間限定オープン

久松郁実がイメージガールを務める「三愛水着楽園」がマリエとやまに期間限定でオープンする。三愛水着楽園とは、日本を代表するファッション水着のセレクトショップ。水着のトレンドをいち早く紹介し、新しいビーチスタ...

北陸新幹線 かがやき
2015年5月22日
新高岡駅 北陸新幹線「かがやき」臨時列車の停車駅を2015年夏も継続決定!だが、いつまで続けるのか

北陸新幹線で夏の臨時列車のダイヤが発表され、新高岡駅が「かがやき」臨時列車の停車駅として継続することになった。新高岡駅「かがやき」臨時列車の停車駅を継続新高岡駅は2015年6月末まで「かがやき」臨時列車の...

女子高生
2016年6月14日
富山市五福で声かけ事件 マッシュルームカット男が女子中学生に話しかける

富山市五福で、声かけ事件が起きた。富山市五福で声かけ事件、マッシュルームカット男が女子中学生に話しかける2016年6月11日12時頃、富山市五福で、女子中学生が歩いていたところ、男が近づいてきて声をかけら...

前:

次: