女児につきまとう女性不審者出没!子どもが安全に登下校するには?富山市太田

富山市太田で、女児につきまとう女性の不審者が現れている。

2015年2月3日午後4時頃、富山中央警察署太田駐在所に入った情報で、下校中に何人かの女児につきまとう不審者が現れている。

不審者の特徴

  • 性別は女性
  • 年齢は20歳ぐらい
  • 黒色パーカーを着用
  • 紺色スカートを着用
  • 白い袋を所持

もしこのような特徴を持った不審者を見かけたら、警察に連絡してください。


子どもが安全に登下校するために心がけておくこと

不審者が出ない世の中になればいいのだが、なかなか無くならないのが現実。やはりもしものことが起こらないために、未然に防ぐ行動を心がける必要がある。実際に、どうすればいいのか紹介していこう。

小学生

1人にならない

1人で歩いている子どもは狙われやすい。もし人通りの少ない場所で起きたら、目撃情報が少なくなかなか犯人を見つけることができない。なるべく家が近い友だちと一緒に帰るようにしよう。

防犯ブザーを持たせる

最近は物騒なので、防犯ブザーを持っている子どもが多い。何かあっても、子どもは恐怖で大きな声が出せないため、ボタンを押せば大きな音が出る防犯ブザーを持たせることをおすすめする。1000円前後で買えて、キャラクターものの防犯ブザーも出ている。

寄り道せず決められた通学路で帰る

子どもが寄り道しちゃうと、何かあった場合にどこで不審者にさらわれたのか特定しづらく、見つけるのが困難になる。親から子どもに、決められた通学路で帰るように言い聞かせることが大切だ。

知らない人についていかない

好奇心旺盛な子どもは一声かけると、知らない人でもついていっちゃう傾向にある。普段から、子どもに「知らない人についていっちゃダメだよ」と言い聞かせておこう。

暗くなる前に帰る

塾に通う子どもが増えているが、なるべく暗くなる前に帰ろう。暗い道は危険が多く、不審者にさらわれても目撃者がいないケースもある。もし暗くなったら、迎えに行くなどして、1人で夜道を歩かせないようにしよう。

この機会に、家族で話し合い、防犯の意識を高めてみては。

フェイスブックにいいね!

今あなたにぴったりな記事

富山マラソン2015
2014年4月1日
新湊大橋や環水公園を走り抜ける!富山マラソン2015に向けて、ロゴマーク募集

富山マラソン2015に向けて、富山マラソン実行委員会は大会のロゴマークを募集している。北陸新幹線開業に伴って、2015年11月1日(日)に開催されるこの大会は、総勢1万人ものランナーが制限時間7時間の中で、高岡古...

2014年6月28日
赤塚不二夫の仕事部屋だった紫雲荘に入居した富山県出身のマンガ家が話題に

塚不二夫の仕事部屋だった紫雲荘 202号室に、マンガ家を目指す2人が入居した。https://twitter.com/snowpandas/statuses/477241580307247104紫...

村井宗明
2014年11月18日
村井宗明 政界を引退 衆議院選挙富山1区に出馬せず

村井宗明前衆議院議員が政界を引退すると発表した。村井宗明は、民主党職員などを経て2003年衆議院選挙に民主党から立候補し、2009年までに比例復活も含めて3回連続当選した経歴を持つ。2012年の選挙では自...

前:

次: