富山県立近代美術館の建設現場で砲弾発見 環水公園は大丈夫か

富山市で、環水公園近くに建設中の新しい富山県立近代美術館の建設現場で砲弾6発が見つかった。

新富山県立近代美術館の建設現場で砲弾が見つかる

2015年7月27日午前9時30分頃、環水公園近くの新しい富山県立近代美術館の建設現場でショベルカーで作業を行っていたところ、土の中から砲弾6発が見つかった。その日の夜、自衛隊の不発弾処理隊が現場に駆けつけ、回収作業を行った。

自衛隊によると、見つかった砲弾に火薬が入っておらず、第2次世界大戦時の旧日本軍が持っていた砲弾だったことが分かった。

フェイスブックにいいね!

今あなたにぴったりな記事

2014年6月11日
性暴力(DV)の被害者を支援。富山にワンストップ支援センターの設立を求めるシンポジウム開催

DVや性暴力の被害者が精神的に傷つく2次被害を防ぐため、病院への紹介やカウンセリングなどで支援する「ワンストップ支援センター」を富山に設置を求めるシンポジウムが2014年6月8日に県総合福祉会館サンシップとやまで開催され...

2015年7月16日
三井アウトレットパーク北陸小矢部 観覧車の名前は「NANAIRO WHEEL」

三井アウトレットパーク北陸小矢部のオープニングセレモニーが行われ、観覧車の名前が発表された。三井アウトレットパーク北陸小矢部 観覧車「NANAIRO WHEEL」三井アウトレットパーク北陸小矢部は2015...

コールセンター
2014年9月8日
特殊詐欺 富山県内約8,000人分の名簿公表 電話で注意呼びかけ 富山県9月補正予算案 事業費約226万円盛り込む

特殊詐欺の被害が増えていることから、富山県警察本部は今後狙われるかもしれない人に注意を促す新たな試みを始める。2014年9月8日に行われた富山県議会教育警務委員会で、富山県警は詐欺グループから押収した名簿...

前:

次: