エボラ出血熱に感染した女性看護師が富山化学工業開発 ファビピラビルで治る

スペイン政府はエボラ出血熱に感染し首都マドリードの病院で治療を受けていた女性看護師が2014年10月19日にウイルス検査を行った結果、陰性だったことから治ったとみられると発表した。

9月25日に死亡したエボラ出血熱に感染した男性の治療に当たっていた際に感染したとみられる女性看護師に富山化学工業が開発した「ファビピラビル」を服用したところ、順調に回復し治った。

世界中に広がる患者に「ファビピラビル」を使用できるようになればいいね。

フェイスブックにいいね!

今あなたにぴったりな記事

スポーツカー
2015年3月11日
富山も春の訪れ!タイヤ交換時期はいつ頃がいい?天気予報から予測してみた

2015年3月10日から14日まで3月だっていうのに、思いっきり雪が降っているが、もうすぐ富山も春が訪れようとしている。この時期、気になるのが車のタイヤ交換するタイミング。天気予報を見ながら、ベストタイミングを予測してみ...

お店
2016年3月30日
ミラマルシェ 魚津駅にオープン!3月30日 魚津産の農産物やミラたんグッズなど販売

ミラマルシェが魚津駅にオープンした。ミラマルシェが魚津駅にオープン!空きスペース活用で気軽に利用できるように2016年3月30日、ミラマルシェが魚津駅にオープンした。ミラマルシェとは、あいの風とやま鉄道の...

女子高校生
2015年3月3日
2015年度富山県高校入試の倍率発表!全体で1.14倍 前年度と同じに

2015年度富山県立高校の一般入試の出願倍率を調べてみた。2015年2月24日~26日に富山県立高校一般入試の出願を受け付けた。2月26日に発表された出願倍率は、全体で1.14倍と前年度と同じとなった。出願倍率が...

前:

次: