エボラ出血熱に感染した女性看護師が富山化学工業開発 ファビピラビルで治る

スペイン政府はエボラ出血熱に感染し首都マドリードの病院で治療を受けていた女性看護師が2014年10月19日にウイルス検査を行った結果、陰性だったことから治ったとみられると発表した。

9月25日に死亡したエボラ出血熱に感染した男性の治療に当たっていた際に感染したとみられる女性看護師に富山化学工業が開発した「ファビピラビル」を服用したところ、順調に回復し治った。

世界中に広がる患者に「ファビピラビル」を使用できるようになればいいね。

フェイスブックにいいね!

今あなたにぴったりな記事

本を取る女性
2015年7月24日
クルン高岡地下街に漫画約2万冊が無料で読み放題の広場がオープン!管理人いなくて大丈夫?

クルン高岡地下街に、約2万冊の漫画が無料で読み放題の「B1コミック広場」がオープンした。クルン高岡駅地下街のB1コミック広場は2015年7月24日オープンの、約3万冊の漫画が無料で読めるスペースだ。本棚に...

スポーツカー
2015年5月30日
フェラーリも大絶賛!昭和シェル石油「Shell V-Power」を富山県で販売!2015年6月1日から

昭和シェル石油は、高性能ハイオクガソリン「Shell V-Power」が富山県で販売される。フェラーリも評価した高性能ハイオクガソリン「Shell V-Power」Shell V-Powerとは、車を走ら...

電話
2016年1月27日
射水市役所職員かたる不審電話相次ぐ「高額療養費の還付金がある」

射水市役所の職員をかたって、高額療養費の還付金に関する不審な電話が相次いでいる。保険年金課の職員をかたる不審電話相次ぐ、射水市役所注意呼びかけ2016年1月から、射水市役所の保険年金課の職員をかたって、「...

前:

次: