Apple Watchはファッション iPhoneユーザーのステータスだから富山県民はアレを使って買いに行くべき

2015年4月24日、Appleからウェアラブルコンピュータ「Apple Watch(アップル・ウォッチ)」が発売された。

ウェアラブルコンピュータ「Apple Watch」

Apple WatchはAppleが発売したウェアラブルコンピュータ。ウェアラブルコンピュータとは、身につけて持ち歩くことができるコンピュータのことを言う。ウルトラセブンでウルトラ警備隊たちが身につけている腕時計型通信機「ビデオシーバー」、まさにアレ。Apple WatchはiPhoneと連動することで通信ができる仕組みになっているので、iPhoneを持っていることが条件となる。もちろん、Apple Watchだけで使える機能も満載だ。

富山県内でApple Watchを販売しているお店はない

Apple WatchはiPhoneのようにSoftBankやauなどの携帯電話会社での販売ではなく、Apple StoreとApple Online Storeの販売となっている。ヨドバシカメラやビックカメラなどの一部の店舗でも取り扱われているが、富山県内では購入できる店舗はなく、ネットで購入するしかないのだが…。

Apple Watchはファッションだからこそ店頭で買いたい

Apple Watchはファッションだ。ショップで服を選ぶように、AppleWatchもApple Storeで購入したい。…となれば、富山県民はアレを使ってApple Storeがある東京に行って買うしかないでしょ。

北陸新幹線「かがやき」グランクラスに乗ってApple Watchを買いに行くべき

Apple Watchの販売店は東京、大阪、愛知、北海道、宮城、福岡のApple Store。富山県から一番早く行けるのはやはり「東京」。北陸新幹線を使えば2時間8分で行ける。

Apple Watchの値段は高い。一番安くて38mmモデルでも42,800円、42mmケースでも48,800円もする。ちょっとお金に余裕がある人が買う物?というイメージが強く、持っているだけでステータスになる。だから、東京へ行く時は北陸新幹線「かがやき」のグランクラスで贅沢に行くのが一番だ。そう思わないか?


Apple Watchを使った感想「まだ実用的ではない?」

実は、私は既にApple Watchを持っている。使ってみた感想は、iPhoneのようにサクサク動く…という感じではなく、動作が遅れることが度々あったり、少し長い時間触っていると思った以上にバッテリーの減りが早く、時計としてはいいけど、情報を見ることに関して言えば実用的ではないと思った。iPhoneで情報をチェックしろってことなのか…。

第3世代のApple Watchに期待

iPhoneが広く使われるようになったのが3GSから。Apple Watchも第3世代あたりに多くの人に使われるのかなと思う。今は使いにくいアプリが多く、満足できない部分が多い。改良を重ねて使いやすくして、一般の人でも手に届く値段になって、広まることを期待している。


Apple Watchを買いに行く時は北陸新幹線「かがやき」グランクラスで。

フェイスブックにいいね!

今あなたにぴったりな記事

選挙
2015年4月13日
富山県議会議員選挙2015 投票率が46.81%!低すぎるのは号泣会見が原因?

2015年4月12日に行われた富山県議会議員選挙の投票率が46.81%だったことが分かった。富山県議会議員選挙は13選挙区のうち、5選挙区が無投票当選となり、8選挙区で選挙戦が繰り広げられた。今回の投票率...

2014年10月21日
エボラ出血熱に感染した女性看護師が富山化学工業開発 ファビピラビルで治る

スペイン政府はエボラ出血熱に感染し首都マドリードの病院で治療を受けていた女性看護師が2014年10月19日にウイルス検査を行った結果、陰性だったことから治ったとみられると発表した。9月25日に死亡したエボ...

ほっともっと
2014年10月14日
ほっともっと 富山奥田町店がオープン!富山3号店となる持ち帰り弁当屋

ほっともっとは、富山市奥田町に「ほっともっと 富山奥田町店」をオープンする。ほっともっととは、日本、中国、韓国に店舗を展開する持ち帰り弁当で有名なチェーン店。富山県内では、富山1号店の不二越店と富山問屋セ...

前:

次: