赤塚不二夫の仕事部屋だった紫雲荘に入居した富山県出身のマンガ家が話題に

塚不二夫の仕事部屋だった紫雲荘 202号室に、マンガ家を目指す2人が入居した。

紫雲荘に入居したのは、紫雲荘活用プロジェクト 第2期生の姫野裕忠(25歳・富山県出身)と、梶川岳(23歳・名古屋市出身)。姫野は「読んだ人の心に残る作品を描いていきたい」と抱負を語っている。

入居式には、名村大成堂からマンガ原稿用紙3000枚が2人に贈られた。

紫雲荘活用プロジェクトは、トキワ荘のあった街の地域文化の継承と発信に取り組む「トキワ荘通り協働プロジェクト」の事業の一つ。最長3年間、月額家賃4万円のうち二分の一の2万円が補助される。

フェイスブックにいいね!

今あなたにぴったりな記事

2015年12月13日
富山市の水が臭い!汚い!で異臭騒ぎ 安全で安心な水道水はどこに?

富山市で、「水道水が臭う、汚い」と異臭騒ぎがあった。富山市で水道水から異臭!飲んでも問題ないと説明しているが…2015年12月12日午前10時頃から富山市で「水道水が臭う」「鉄臭い」「汚い色の水が出る」と...

新国立競技場
2015年12月23日
新国立競技場 TOYAMAキラリ設計者 隈研吾さんの案に決定

新国立競技場のデザイン選考で「TOYAMAキラリ」の設計を手がけた隈研吾さんの案が採用された。新国立競技場、TOYAMAキラリの設計者・隈研吾さんのデザインに決定2020年東京オリンピック・パラリンピック...

富山駅
2016年2月5日
富山県 地図アプリ「Apple Maps」3D Flyoverに追加!富山駅や環水公園など覗いてみた

Apple純正マップアプリ「Apple Maps」の3D Flyover機能に、富山県が追加された。マップアプリ「Apple Maps」の3D Flyover機能に富山県が追加!2016年2月5日(現地時...

前:

次: