赤塚不二夫の仕事部屋だった紫雲荘に入居した富山県出身のマンガ家が話題に

塚不二夫の仕事部屋だった紫雲荘 202号室に、マンガ家を目指す2人が入居した。

紫雲荘に入居したのは、紫雲荘活用プロジェクト 第2期生の姫野裕忠(25歳・富山県出身)と、梶川岳(23歳・名古屋市出身)。姫野は「読んだ人の心に残る作品を描いていきたい」と抱負を語っている。

入居式には、名村大成堂からマンガ原稿用紙3000枚が2人に贈られた。

紫雲荘活用プロジェクトは、トキワ荘のあった街の地域文化の継承と発信に取り組む「トキワ荘通り協働プロジェクト」の事業の一つ。最長3年間、月額家賃4万円のうち二分の一の2万円が補助される。

フェイスブックにいいね!

今あなたにぴったりな記事

カップル
2015年9月14日
恋仲 最終回で大原櫻子と太賀が放送中にツイキャス配信!生放送は富山で?

ドラマ「恋仲」最終回の放送中に、出演している大原櫻子と太賀が放送中にツイキャス配信を行うことが分かった。大原櫻子と太賀が「恋仲」最終回の放送中にツイキャス配信2015年9月14日、ドラマ「恋仲」の最終回が...

小学生の少女
2016年2月16日
南砺市山見で下半身露出事件 不審な男が女子児童に卑猥な言葉をいう

南砺市山見で、男が女子児童に下半身を露出する事件が起きた。南砺市山見で下半身露出事件、不審な男が女子児童に卑猥な言葉をいう2016年2月15日午後4時15分頃、南砺市山見で、下半身露出事件が起きた。不審な...

水着
2014年7月2日
夏休み国内宿泊予約状況県別ランキング 富山県は5位

i.JTBが調査を行ったところ、夏休み国内宿泊予約状況県別ランキングで富山県は5位だった。消費増税の影響でレジャーへの支出が少ないのでは?と見られていたが、夏のボーナスの支給率アップや、新しいレジ...

前:

次: